世界に一つだけのコサージュの作り方

ハンドメイドに憧れていても「センス無いし。。。」とか「時間が無いし。。。」とか「うまく作れるか心配。。。」という方むけに簡単なコサージュの作り方をご紹介いたします。買ったものより1000倍以上、素敵にお洒落に出来上がりますのでお友達にも自慢できちゃいます。

  1. 素敵なコサージュの材料
  2. 素敵なコサージュの作り方
  3. 素敵なコサージュのバリエーション
  4. まとめ

1.素敵なコサージュの材料

お好みのアーティフィシャルフラワー(造花)を用意します。

①メインの大き目のお花と中ぐらいのお花

②サブとなる小さめの小花又は実物。

③補助役の葉っぱ

④広葉樹の葉っぱ(楕円形)

⑤花びら3枚

①~⑤の材料をそろえます。

揃える時のポイントは使用する時のシチュエーションに合わせて自分が好きなものをそろえてください。

例えば卒業式に使いたい時

・季節

・着る服のイメージ

・自分が好きな材料か

この3点を考えて材料を揃えるといいでしょう。

難しい場合は

・大中小の花材を購入

・色合いがそろっているか

メインは自分が気に入ったお花か。

いろいろ考えてしまうと難しくなるのものです。

なので材料をそろえる時は”自分がこの材料が好きか”で決めてください。

自分が好きでしたら自己満足が高いコサージュが作れます。

道具のご用意

はさみ、フローラルテープ、ワイヤー、グルースティック、グルーガンなども用意しましょう。

2.素敵なコサージュの作り方

グルーガンを使用します。

一・最初に土台のピンにお花の花びらを3枚付けます。

↓これは裏から見た時に綺麗に見える為です。

二・①メインのお花を正面につけます。

三・②サブのお花をメインのお花に向けて入れていきます。

右側にサブのお花をつけました。

四.小さい小花も大き目のお花の隣につけていきます。

小花はメインのお花を囲むようにつけます。

↓サブのお花は小さめにカット。下記のようにフローラルテープを巻いて使うと使いやすいです。巻いた針金が長かったらカットしてくださいね。

↑針金を巻きます。
↑針金にフローラルテープを巻いていきます。

↓場所がOKだったらグルーガンで付けます。

大、中のお花。サブのお花を入れるとこんな 感じになります。

五・③葉っぱの位置を決めます。

↑使用する時の向きを考えて葉をつけるのがポイントです。

↑広葉樹のお花をメインのお花を囲むようにつけていきます。

完成です!

【補足】 お好きなリボンで装飾してもOK♪

このリボンの使い方は別のブログでご説明いたします。

3.素敵なコサージュのバリエーション

イメージの違ったコサージュが作れます。

大き目のラナンキュラスのコサージュ
色を変えてピンクのラナンキュラスのコサージュ
爽やかな水色のコサージュ
ワインレッド色のコサージュ
橙色のコサージュ

4・まとめ

いかがでしたでしょうか。

写真や文章だけですと???本当に作れるの?になってしまうかもしれません。

でも正直道具がそろっていたら作るのは簡単です!

ただ一番迷うのがお花選び。だったりします。

選ぶのに悩んだ時は手順1で書いたように”自分が好きか”を大事にしてください。

そして作る時は一つ一つの花材をしっかりつけて下さい。

これが以外と大事で使っていて取れてしまうと可愛いコサージュが出来上がっても使えなくなってしまっては台無しです。

なので怖がらずしっかりとグルーガンでとめましょう。

ハンドメイドは大変。。。と思っていても作ってしまったらあっという間です(#^^#)

小学生のお子様も可愛いコサージュを作ることができます。

小学生のお子様の作品です。

私の講座では好きに選べるようにご用意していますので最初はどれも可愛くて使いたくなり迷っているうちに時間が経つことが多いです。

作ってみたい方はギャラリーを覗いてみてください。

材料もそろえなきゃいけないし。と思っても最近では100均でも十分な素材が揃ったりします。でもやはり質も大事なのでメインのお花だけは良いお花を使ってみてくださいね。

みなさん初めての方ばかりの作品です。

ご希望の方はContactよりご連絡ください。

Creemaで販売しています。春の卒業式、入学式、母の日のプレゼントにも最適です🌸

https://www.creema.jp/c/hanahi/item/onsale